アースデイ飛騨高山2013について

 

昨年インドモディ首相が国連に提唱し、175ヶ国の賛同を得て、6月21日は、「国際ヨガデー」の日と制定されました。
世界中でヨガを楽しみ 体・心・社会の健康を育む日となり、平和の心で世界と繋がる日が誕生したのです。
「地球は愛の星」。多くの人が輝き、そして世界に平和が広がることを願い、「アースデイ飛騨高山」は2011年にスタート。第6回目を迎えた今年のアースデイは、地元で活躍されるヨガ・瞑想のインストラクターの皆様、そして遠方から参加下さったインストラクターの協力をいただき、一人でも多くの人が心の平和を体験し、内なる喜び(根源)に出逢えることを願って開催いたしました。会場は心地よい癒しの空間となり、ひとつに繋がっているような感覚で、参加者の方々は至福の時間を過ごすことができました。ヨガ、瞑想が未経験の方も楽しむことができて、平和の心で世界と繋がる、すばらしい一日となりました。


自分の根源と繋がりもっと自分らしく。そして、今に生きる。

本来私たちは日々の生活の中で、魂を浄化しながら本質を思い出すことができるように学びをいただいています。しかし、学びとして受け取ることがなかなか出来ず、毎日がすばらしい体験(神からのギフト)なのに、それを見逃してしまう。私たちの本質は魂であり、肉体や、感情、そして自分だと思い込んでいる自我も実は私では無いのです。今回のアースデイ&ヨガデーでは、多くの人がヨガ・瞑想を体験しながら真の幸福を感じ、自分の根源に触れることができたと思います。ヨガ体験ステージのとき、国島市長にはとてもすばらしい挨拶をいただくことができました。「ヨガとは繋がること。人や動物、全てと繋がり幸せや平和が世界へ広がっていきます」。私たちの意識の深いところでは全ての人類、生き物、地球とも繋がっていて、影響を与え合っているのです。
今この地球の現状はどうでしょうか。私たちに今大切なのは、毎日静かな時間を持ち、ひとり一人が心の平和を感じ、愛で満たすことだと思います。心の平和により「愛の星地球」はきっと現れてきます。
今回の体験で私は、源を感じて生きることの大切さ、自我を無くし愛100%での生き方にシフト出来るよう、自分を見つめ直す機会をいただくことができました。今年も多くの方のご協力により、第6回アースデイ&ヨガデーを開催できましたことに感謝いたします。本当にありがとうございます。

自分の中にあってまだ気づかないもの。
私の中にある光が目覚め、人生キラキラ輝く日。
すべてのいのちと繋がり、平和な心が世界へ広がる。
真実の自分、本質に出逢った私たちは、
喜びの光となり、真の幸福、今ここに。

有限会社ブレス 細井 卓美

 

PAGE TOP